雇用のQ&A トップ

FINDING JOB

The employment page

雇用問題について

 

働き方の多様化してきている現代では雇用について考え、どのように働くかを選ばなくてはならないでしょう。将来、パート労働者にも少なからず負担することになるであろう厚生年金保険料に係わる新しい雇用形態や、今後の収入の見通しはどうなっているのか解らないといったこともあるでしょう。労働・雇用の現状を知ることは、日本の経済を知る上で、ヒントにもなります。働き方の参考になるだけではなく、例えば、投資判断の材料にもなるのではないかと思います。

 

雇用問題の中でも今もっとも申告なのが若年者雇用の問題だと言われています。「フリーター」や「ニート」の急増などで、若年者雇用の問題は近年クローズ・アップされてきているので耳にすることも多いと思います。しかしそれにもかかわらず、何が問題であるのかのコンセンサスは成立していません。

 

今や、若者の失業率は成人一般の失業率よりも高くなっているにもかかわらず、若者の多くは親と同居するなど基本的生活条件を保証されているので、みずからが妻子を養わなければならない中高年男性の失業とは深刻度がまったく異なります。この様な理由から、都市部ではフリーターとして働くことで生活をしている若者が急増しています。彼らの中には、学卒時に仕事をえり好みしなければ正社員として働ける機会もあったはずなのに、気楽なフリーターという働き方をみずから選んでいる者が大多数います。しかしフリーターはまだいい方で、収入は低いですが、一人暮らしであっても当面の生活はなんとか成り立ちます。その点「ニート」に至っては、働く意欲をがない文もっと深刻です。彼らが「きちんと働かない」ことは、「苦々しい問題」ですが、「深刻な問題」ではない、という捉え方がある一方で、少子化や年金問題と絡めて語られるとき、「フリーター」や「ニート」の若者は将来的にわたる「お荷物」として扱わていることに間違いはありません。しかし、彼らをただ、「苦々しい問題」や「お荷物」として扱ってしまっていてはくさい物に蓋をしているだけにすぎません。この雇用問題の解決策を真剣に考えるには現実に立ち向かうことが重要なのです。

 

若者は景気循環の影響を不釣合いに大きく受けやすいという特徴があり、景気の良いときには相対的に安価で柔軟性に富む若年労働力の引き合いが激しくなりますが、景気が後退してくると企業はまず採用抑制を行うために、これから労働市場に入ろうとする者が良好な雇用機会を捉えることができません。ここ最近の日本の状況は、まさに若者に重い負担を強いるものであったと言えるでしょう。また、若者は労働経験がないという弱みを持っています。これから労働市場に入ろうとする若者は当然ながら労働経験が欠けていますが、当然のことながら、企業は労働経験を高く評価します。日本の場合には、新卒労働市場があるので、この指摘は必ずしも当たらないと思われるかもしれません。しかし、若者の「勤労観」や「職業観」の欠如を嘆く、現在の日本の風潮では一度社会から逃げ出した若者の就職は難しいと言わざるをえません。

 

今の日本で働いている大人の多くは、しっかりとした勤労観や職業観を身につけた上で就職したというよりは、あまり深く考えずにとにかく就職して、働く中でみずからの勤労観・職業観を高めていったというのが実際のところでしょう。一方、これから労働市場に入ろうとする若者は「厳選採用」に不安を抱き、「雇用形態の多様化」によって安定した雇用を見通せずにいます。その若者が適切な勤労観・職業観を持っていないことを、果たして我々は責められるでしょうか。また、若者には不完全雇用の割合が高いという問題も挙げられます。ここでいう不完全雇用とは、不本意なパートタイム労働や臨時雇用など、期間の観点から不完全であるということだけではなく、不適切な生産性の労働も視野に入れられています。現在の日本の状況を見れば、フリーターとして比較的定型的な業務に従事する若者が増えていることは前記の通りです。彼らが簡単で楽な働き方を選んでいると見ることは簡単ですが、彼らの仕事を通じて自分の能力を伸ばしていく機会を奪われていると見れば、問題の様相はまったく変わってきます。

 

学校から職業へのスムーズが移行が出来ているのかという問題もあります。移行の段階で問題を抱えるかということは、本人の将来に大きく影響します。この段階で確立された行動パターンや態度は、その後の生活に残り続けるといっても言い過ぎではありません。夜遅い時間帯のアルバイトに慣れた若者には、朝起きる、ということが大きな困難になるはずですし、職を転々としてきた者は、1つの会社に働き続けることの意義を見出せなくなってしまうでしょう。また、長期の失業を経験した者は、すっかり自信を喪失してしまっているかもしれません。そのように移行の段階で問題を抱えることは、彼の職業能力の形成を損ない、質の高い仕事へのアクセスの機会を損なうことになるのです。

 

しかしその一方、職業への移行に成功さえすれば、そのことは、彼の経済的独立、みずからの家族形成など、彼の人生における他の重要な移行を可能するだけでなく、彼らの時間が生産的で健康的な形で費やされ、彼らの自尊心も高まります。日本の状況を見ると、教育機関への在籍期間が長期化しており、その段階で若者が働くことへの不安を覚えてしまい、家族形成の時期も遅れるという状況が出現しているように見受けられます。しかしそれは、若者個々人の責任だけではなく、大人の側が、彼ら若者をいかに自立した大人に移行させるか、という視点を欠いてきた結果でもあるのではないでしょうか。このページでは雇用についての理解を深めるだけでなく、就職や転職のガイドをのせ若者がスムーズに仕事に就けるよう支援していきたいと考えています。

雇用後の扱い

雇用とは就職を希望する人を企業側が雇う行為であり、企業側としても人材が欲しいという目的から社員の募集をかけるので、一言で言えば【利害が一致】している状況と言えます。折角雇った社員なのですから、当然企業としても優秀な人材に育って欲しい、もしくは最初から希望する職種・人材を募集するといった手を打ちます。しかし、就職難と言える現代社会では該当する資格・スキルを持っていても即雇用というわけにはいきません。スキルと経験を培った人が一番重宝される人材ということもあり、企業側は新入社員に対して社員研修を行って今後必要となる会社内のルール・マナー・スキル等を短期間で身に付けさせようとします。この社員研修で業務を行う上で覚えておくことを最低限教え、社員研修は先輩社員に教えを請いながら成長してもらうのが狙いとなります。中には社員研修なしですぐ業務に触れて貰う企業もありますが、これだと最低限の基礎ができないままに現場に経つことになりイージーミスやケアレスミスが増える原因となるので、やはりなるべくなら雇用後に社員研修制度があるかどうかをチェックしておくのがベストでしょう。

Valuable information

>