雇用のQ&A トップ

FINDING JOB

The employment page

アルバイト

アルバイトという言葉は、ドイツ語で「労働」を意味する名詞の「Arbeit」が由来です。明治時代の学生の間で使われていた隠語が、一般に広まったものと言われています。英語ではパート・タイム・ジョブ (part-time job) やサイド・ジョブ (side job) といい、ドイツ語で「Arbeit」といえば労働全般を指し、日本語でいうアルバイトの事は英語からの外来語でジョブ(Job)というためアルバイトは日本特有の単語といえます。終身雇用は日本だけの制度の為、日本以外では通常の労働とアルバイトを区別する事はあまり無いのです。

アルバイトとは学業や本業のかたわらにする仕事であるという定義がなされています。しかし「アルバイト」と「正社員」の区別は慣習的なもので、企業がそのように呼び分けているだけです。例え社員研修を受けた正規雇用の社員だとしても、仕事ができなければ社員としての扱いが受けられないところが多く、それこそ「パート」と「アルバイト」と同じような扱いとなるところもあります。法的にみると、どちらも労働者であることに変わりはなく、単に労働時間や契約期間が異なるだけです。そういった経緯からアルバイトでも、年次有給休暇を始めとする労働者としての権利の行使、会社が正社員に提供する福利厚生などの対象にはなります。これが実態として対象となっていない事が多いのは、「会社の方針として対象としていない」というだけであるため、このような格差の状況に対しては、「バイトだから」といってあきらめないことが大事です。いつか自分も偉くなって会社設立をしてアルバイトを雇ってみたいですね。その際には是非、新入社員・アルバイトのために社員研修を行いましょう。

 

特徴としては

 

といったものが挙げられます。

 

現在は少し回復傾向にあるものの、バブル崩壊後の景気の悪化が原因で企業は正社員の雇用を抑制しています。このような就職氷河期と呼ばれる就職難な状況になったことを引きずっている状況に加え、正社員の代替としてのアルバイト等の採用や、若年退職者の増加などもあって、学業期間が終わってもアルバイトをし続けるというフリーターが増加して、問題になっています。仮に正社員になって社員研修を受けてもすぐやめてしまう、地に足のつかない就職活動をしている学生が多いことと、年間の収入合計が103万円を超えてしまうと、所得税が発生したり、親や配偶者の扶養控除の対象からはずれてしまうことから、収入をこの額以下に抑えるという給料体型になることも多くなっています。2ヶ所以上でアルバイトしている場合は、2ヶ所目以降については、1円であっても所得税が源泉徴収されることになります。この場合は合計額が103万円以下であれば、翌年以降5年以内に確定申告をすることで、還付を受ける事ができます。