雇用のQ&A トップ

FINDING JOB

The employment page

パート

パートタイム労働者の歴史は古く、産業革命のころまでにさかのぼります。この頃、産業の中心が工業となり、フルタイムの労働者が労働力の中核となっていました。ところが、第二次世界大戦以降、サービス産業が成長していくことにより変化が起こります。サービス産業は労働需要の変化が激しく、1日の中でも需要が一定しません。例えば、スーパーのレジでは時間帯によって必要な労働力が変わります。そのため、サービス産業はフルタイム労働者よりも、非正規雇用であるパートタイム労働者の方が都合が良かったのです。また、この頃になると女性の社会進出が進んでいきますが、しかし一方でが女性は家事も担っていたためにフルタイムで働くのが難しく、この状況にパートタイムは都合が良かったのです。こうして、パートタイム労働者は労働市場の中で規模を拡大していきました。しかし一方でが待遇格差など様々な問題も生じる原因ともなっていったのです。

日本では戦後、工業が発達するに従って労働力が足りなくなると、農家の次男、それでも足りなくなると主婦をパートタイム労働者として雇うようになったのが始まりで、その後の、バブル経済崩壊後の平成不況では、コスト削減の圧力から正規雇用である正社員の採用を抑制し、非正規雇用の非正社員を増やすことで、業務に対応していくようになっていきます。労働者数の推移をみると、1980年代から雇用者に占める非正社員の比率は少しずつ増加しているのですが、1990年代半ばから増加が跳ね上がり、2005年には全体の約3割を占めるようになります。これは主に女子学生、中年女性のパート・アルバイトが増加したことが原因だと言われています。

 

パートは、勤務時間を短く設定できたり、出勤日を日数少なく設定できたりすることもあり、フルタイムで働くことが困難な人や、あえてそうした働き方を選びたいという人の選択肢になになっています。労働省の実態調査でも、パートを選択した理由の圧倒的第1位は、「自分の都合のよい時間に働きたい」という結果がでているそうです。しかしそれだけに、空いた時間をどのように有効に使うのかが最大の課題で、。将来へ向けたステップアップに備えるような能力開発、資格取得、自己啓発などに取り組めるかどうか。パート向けの営業研修・セミナーもあります。その機会を活かし、強い意志と将来ビジョンがないとそのままダラダラと時間だけを消費してしまうことにもなりかねません。

 

一般的には、正社員と比べ労働時間が短く、時間あたりの賃金が安いく設定されています。労働基準法の適用範囲内ですが、現状では多くの面において適用されているとはいえません。また、福利厚生などの対象にもならないことが多くなっています。学生や、主婦の方が多いため、男性よりも女性が多いという特徴もあります。また、年齢的にはでは15〜24歳といった若い世代よりも、30、40歳といった中年世代の方が多くなっています。

 

パートタイム労働者とは期間契約労働者の一種という以外には厳密な定義はなく、法的には、「1週間の所定労働時間が同じ事業所の通常の労働者(正社員)よりも短い労働者」(パートタイム労働法)と定められています。ということは、正社員より労働時間の定めの短い労働者は、アルバイト、臨時社員など呼び方は違ってもすべて法的には「パートタイム労働者」となります。ただし例外もあり、それぞれの会社で独自に「パート」と「アルバイト」を区別して、異なる労働条件を定めている会社もあります。パートも基本的に労働基準法をはじめとする労働法が適用されるので、パートも契約社員と同様に、企業と労働契約を結ぶことになっており、労働条件を明らかにした書面を交付するよう企業に義務づけている。実際に働いてみたら「こんなはずではなかった」ということにならないよう、この書面をしっかり読んでおくことが重要です。