雇用のQ&A トップ

FINDING JOB

The employment page

正社員

 

正社員とは、「期間の定めの無い雇用契約」を締結した社員のことです。そんな契約はした覚えが無くても、雇われた時点で正社員はそういう契約になっています。逆に、パートや契約社員の場合は、期間を定めなければならないですから、必ず契約書があります。

 

正社員は期間の定めが無いですから、正当な理由無く解雇はできませんし、黙って定年まで勤めることができる、大変優遇された契約です。ですから、こういう契約にあぐらをかいてしまい、ロクデモナイ正社員がまかり通っていました。ですが、この数年大手上場企業の倒産、リストラ、企業買収によって、正社員も絶対安定とは言えなくなってしまいました。しかし、本当に必要とされているなら、リストラでも解雇などされないはずで、そういう人は今までの自分を反省するべきなのです。社員研修で教育などを行っているのは、現在の企業がより能力の高い人材を求めているからなのです。正社員は会社の経営悪化防止を理由に解雇はできません。しかし、それに比べるとパートや契約社員が解雇されやすいということは判例でも明らかで、昭和61年最高裁の判例では、正社員とパート・契約社員を解雇理由の合理的差異を認めています。この合理的差異は社員の労働条件を定める就業規則を、地位、身分、業務等に応じて別々に定めることを認める判例にもつながります。現在の日本では企業のリストラが続き、経費節減のため社員の大幅な削減がされています。正社員を解雇し、新たに雇い入れる社員を正社員ではなく、契約社員とする例が増えています。これは契約社員なら、いつでも解雇できるという考えによるものですが、いつでも解雇できるという考え方はおかしいし、熟練した正社員を除外し、流動的な契約社員を多くいれるというのは企業的にはデメリットではないかと思います。

 

いずれにしても、正社員が減り、パート・契約社員が増えていくのは時代の流れで止めることはできません。人材が流動的になることは良い面もあるし、悪い面もあります。これからは雇用形態にかかわらず、自分のスキルを高めておき、会社設立などの際でも、どんな状況になっても必要とされる人材として磨きをかけておく必要があるでしょう。

 

正社員の特徴としては

 

 

といったものが挙げられます。