雇用のQ&A トップ

FINDING JOB

The employment page

転職のススメ

転職してキャリアアップしていくかそのときの気分で職を転々としていくか最初の転職で決まります。最初の転職が天国と地獄の分かれ道になるといったこともあるのです。学生時代には実務体験がなく仕事をイメージでしか捉えられませんが、一度、職につくと自分を取り巻く仕事環境や仕事との適合性などが見えてきます。学生時代に描いていたものとあまりにもかけ離れていると仕事への意欲が減退して「転職」の文字が脳裡をちらつくことは誰しも経験することでしょう。ただ、ここで短絡的な行動を起こさないでしっかり自分の生き方を見据えてる必要があるのです。どんなに素晴らしい仕事でも、自分の生き方や生活基盤と合わないと知らず知らずのうちにストレスがたまり病気になってしまうかもしれません。そうなると、またまた転職ということになりかねません。まず、自分の生き方に合った仕事を選ぶことが原則としてあることを理解し、仕事に自分を合わせることだけは絶対に避けたいものです。では、どう転職の準備を進めていけばよいのでしょうか。

 

第一に自分が「何がやりたいか」が見つかる前に転職しないということが言えるでしょう。学生時代の就職活動で将来を見据えた納得のいく活動をしてきたかどうか振り返りましょう。たぶんあまりそういう人はいないのではないでしょうか。大半の人は無理矢理自分を納得させて、内定の得られた企業に就社したのではないでしょうか。では何故、本来あるべき就職ができなかったのかというと、就職活動本番までに何とか方向性を見つけだそうと自己分析をし、先輩たちの話も聞き、結局、焦り苦しみながらも見出せないままに本番に突入しまったからではないでしょうか。人間誰しも物事を判断するときは、自分の生き方(生活の基軸)をベースに判断しています。このことをしっかり認識しないで自己分析のための分析に終始していたことに気づかなかったことが大きな過ちにつながっているのです。しっかり自分の生き方を顕在化させ認識しましょう。この作業をおろそかにしていると学生時代の二の舞を踏むことになりかねません。しっかり認識した生き方に合った仕事は何なのか、その仕事ができるフィールドはどこかがはっきりするまでは転職を考えるべきではないのです。

 

次に転職を考えている場合、今の仕事を辞める前に次の仕事を探しましょう。転職の留意点を人事担当者に聞くと「職探しは辞めてからでは遅い、勤めているうちに次の職場を決めなければ」と同じ答えが返ってきます。失業中の応募者と勤めながら応募してくる人では面接をすると明らかに差があるそうです。これは当然といえば当然の話で、倒産などによるやむを得ない事情で職を失っている人は別として、失業状態で応募してくる人は、気持ちが弱いのです。面談が進んでいくと話が微妙にずれたり、何をしたいのか曖昧な点が多くなったりすることが多いと言います。逆に、勤めながら転職を考えている人は、目的意識がはっきりしていて気持ちにブレなく、目に勢いがあり、好印象とのこと。ビジネス環境が厳しいことは周知の事実なのですから、企業は人材の有効活用、業務の効率化に腐心しているのです。適切な状況判断ができるかどうかは、コミュニケーション能力や語学力以前の問題であり、状況判断の甘い人材の採用は考えてくれないでしょう。転職にはそれぞれ理由があります。特に、人間関係のトラブルなどは切羽詰った状態に追い込まれるケースもあるでしょう。辞めてからの職探しは状況判断の甘さに結びついてしまうのです。しっかり、そのあたりの事情も汲んだ行動を心がけましょう。